JCB一般カードのメリットやデメリットは?選ばれる理由や特典とは?

JCBカード

JCB一般カードは、クレヒスを積んでいくことができるカード。

将来的にゴールドカードやプラチナカードのようなランクが高いカードを持つのも夢ではありません。

そんなJCB一般カードには、どんなメリットがあるのか気になりますよね。

そこで、JCB一般カードのメリットをデメリットなどと一緒にご紹介していきたいと思います。

メリットやデメリットを知ったうえで、持つかどうかを検討してみてくださいね。

JCB一般カードにはどんメリットがあるの?

それではさっそく、JCB一般カードのメリットについてご紹介していきます。

お届け日数 最短翌日~3日
年会費 初年度無料

2年目以降 1,250円(税別)

(条件付きで2年目以降も年会費無料)

入会条件 18歳以上(高校生不可)
家族カード あり

年会費 400円(税別)

ETCカード あり

年会費 無料

ポイント還元率 0.5%~
付帯保険 海外/国内旅行傷害保険

ショッピング保険

電子マネー QUICPay・ApplePay

まずは上記の表をご覧ください。

では、このJCB一般カードのメリットを掘り下げていってみましょう。

優待店などでポイントをたくさん貯めることができる

JCB一般カードは、優待店などでショッピングをするとポイントをたくさん貯めることができます。

ちなみに以下のようなお店でJCB一般カードを利用すると、通常よりも多くポイントを付与してもらえますよ。

種類 店舗名 ポイント
コンビニ セブンイレブン 3倍
カフェ スターバックス 5倍
サイト Amazon

楽天

2倍

上記の表では優待店の一部だけをご紹介しましたが、この他にもJCB一般カードを使うと通常よりたくさんポイントがもらえる店舗がいくつもありますよ。

JCB一般カードを持ったら、このような優待店を利用してどんどんポイントを貯めちゃいましょう。

付帯保険が付いているから安心

JCB一般カードには、3つの付帯保険が付いています。

それらの付帯保険は次の通りです。

  • 海外/国内旅行傷害保険
  • ショッピング保険

通常は年会費無料のクレジットカードだと、国内の旅行傷害保険のみという場合が多いのですが、JCB一般カードには海外旅行傷害保険も付いています。

海外・国内ともに3000万円の旅行傷害保険が付いているので、海外にも安心して旅行に行くことができますよ。

しかし海外・国内の旅行傷害保険を適応するには、MyJチェックというWeb明細への登録が必要となるので、事前に登録を済ませておくようにしましょう。

また、JCB一般カードにはショッピング保険も付いているので、カードで購入した商品が壊れてしまったり、盗まれてしまったりしても補償してもらうことができますよ。

電子マネーを使うことができる

JCB一般カードでは、後払いが可能なQUICPayや、交通機関でも使用することができるApplePayなどの電子マネーが付いています。

QUICPayはコンビニやスーパーをはじめ、幅広い店舗で使うことができますよ。

QUICPayやApplePayを使えば支払いに手間がかからず、楽に買い物をすることができるのでおすすめです。

TDRがオフィシャルスポンサーだからディズニーの特典が充実!

JCB一般カードのオフィシャルスポンサーとなっているTDR(東京ディズニーリゾート)。

だからこそ、JCB一般カードにはディズニーの特典がたくさんあります。

それはディズニーランドが人数を限定して貸し切り状態で使える特典や、混雑時でも入園することができる特典などさまざまです。

また、JCB一般カードで貯めたポイントをディズニーのグッズやアイテムと交換することもできちゃいますよ。

ディズニー好きの方にはとても嬉しいですよね。

豊富なデザインの中からお気に入りの1枚を選ぶことができる

JCB一般カードは豊富なデザインの中からお気に入りの1枚を選ぶことができるというのもメリットの1つです。

通常のデザインから、シンプルなWEB限定のデザイン、可愛いディズニーのデザインなど豊富に用意されていますよ。

「決まったデザインのカードしか持てないから嫌だ。」

「ディズニーのキャラクターが大好き!」

という方々にもおすすめです。

JCBカードのことについては、下記サイトを参考に執筆しています。

マルクレ|クレジットカードの困ったを解決!

ぜひ上記サイトも合わせてご覧くださいね。

JCB一般カードのデメリットとは?

ここまでJCB一般カードのメリットについてお伝えしてきましたが、デメリットはあるのでしょうか?

JCB一般カードのデメリットも見てみましょう。

2年目以降も年会費を無料にするには年間50万円の利用が必要

まず1つ目のデメリットは、2年目以降も年会費を無料にするには年間50万円の利用が必要となることです。

JCB一般カードは初年度無料となっていますが、2年目以降も年会費を無料にするためには年間に50万円を利用することと、MyJチェックに登録をするという条件が付いています。

年間50万円は月々にすると約40,000円。

年会費が無料になるとはいえ、年間50万円を使わなければいけないというのは負担を感じてしまいそうです。

海外でJCB一般カードが利用できる店舗は少数

海外でJCB一般カードを利用するとポイントが通常よりも高く付与されますが、残念ながらJCB一般カードが利用できる店舗は少数しかありません。

なぜなら、国内では認知度の高いJCBですが、海外ではまだあまり認知されていないからです。

海外に行く機会が多い方だと、海外で利用できるお店が少ないというのはとても残念に感じてしまいますよね。

通常のポイント還元率が低い

優待店などではポイントをたくさん付与してもらえるJCB一般カードですが、通常のポイント還元率が低いというのもデメリットにあります。

JCB一般カードのポイント還元率は0.5%となっていて、1000円につき1ポイント貯めることができます。

ですからポイントが2倍で1%、5倍でも2.5%なので、ポイント還元率の低さに不満を抱いてしまう方もいるかもしれませんね。

まとめ

JCB一般カードのメリットの中に、気になる部分はありましたか?

メリットから分かるJCB一般カードがおすすめな人は、以下のような人です。

  • 海外旅行を頻繁にする人
  • 電子マネーをよく利用する人
  • 年会費無料のクレジットカードを持ちたい人
  • 複数のデザインの中からお気に入りの1枚を選びたい人
  • ディズニーが好きな人

JCB一般カードに少しでも興味がわいた方がいたら、ぜひ使ってみてくださいね。